鳩間島イエローページ

■ トピックス

高速船の利用前には天気予報にご注意を (2006.05.01)

2007.01.26 追記
2007.11.12 追記

西表島・上原行きの高速船は北よりの風が強く波が高い時には欠航することが多いのですが、上原便が欠航になると鳩間便も欠航になりますのでご注意ください。その際には「かりゆし」や「ぱいかじ」などの貨客船も同時に欠航することも珍しくありません。

例えば天気予報が北よりの風で波の高さが3メートル以上となっていて、実際に予報通りになると欠航する可能性が高いと言えます。特に風向きは午前と午後で180度変わることもありますので時系列予報などを参考にされると良いと思います。

逆に南風の際には多少強く吹いても欠航することは台風でもない限り、まずありません。航路の南側にある西表島が風除けブロックの役目を果たすからです。北風の場合でも波が低い場合は大丈夫です。
概して冬季間は強い北風が多く欠航も多くなりますが、夏の暑い時期は南風が多いので比較的安定しています。

天気予報も刻々と変わりますので(原則として5時・11時・17時の3回)、最新の天気予報を確認したり船会社に運行予定を尋ねてみると良いと思われます。

【参考】鳩間行き定期船が欠航した際の鳩間への渡り方

石垣・離島ターミナル
→ 大原港(西表島)
→ 船会社の送迎バスで上原港へ(送迎バスが無い便もあるのでご注意ください)
→ 郵便船または傭船(チャーター船)で鳩間島へ
  • 傭船を利用する場合は必ず石垣出発前に宿泊先の宿と時間等を打ち合わせてください。
    傭船代は片道5,000円(5名まで)などとなっています。
  • 石垣からの乗船券は上原までの送迎バス券付きのものを購入します。
    ※送迎バスが無い便もあるので船会社にご確認ください。
  • 逆の行程も可能です
この渡り方は西表島の東部地区(大原)を経由することから、鳩間では「東部廻(まわ)り」と呼ばれています。

●関連ページ
石垣島地方の天気予報(気象庁)
石垣島地方の時系列予報(気象庁)
トピックス「高速船の鳩間島への定期寄航が開始」

鳩間島イエローページ